wks-5ad01166388de
鶴見つばさ橋   (1994)

施主:現・首都高速道路(株)
構造設計:(株)日本技研 / (株)八千代エンジニアリング
撮影:西山芳一
美しい風景、住みよい環境を創造し、次の世代に伝えて行くために、我々デザイナーも公共建築物、
橋梁、道路、公園、河岸整備といったプロジェクトに関わる機会が増えてきた。
この「鶴見つばさ橋」は、景観デザインの立場から6年間関わったプロジェクト。羽田空港と横浜
ベイブリッジ間を結ぶ高速湾岸線の主要橋梁として、典型的工業埠頭の風景の中に位置し、5万トン級のコンテナ船が頻繁に出入りする鶴見航路をまたぐ、橋長1020mの1面吊り3径間連続鋼斜張橋。
シンボル性と人に対する視覚的安らぎの両方を配慮し、雑然とした環境の中での調和と美しさを考えたデザインである。
土木学会・田中賞。横浜市景観賞。