wks-54035abbf1841
ビニールのボールの指輪   (2006)

染めたクリアーボウルとビニールの板の色の重なりが楽しいジュエリーです。ビニールの色の重なりを使って、小さな子供に「色の三原色」を知ってもらいたくて作りましたが、実際には子供が口に入れてボールが取れる危険があるので、「子供には持たせられないジュエリー」になってしまいました。
パリの見本市では人気がありました。