wks-5314445e8bd14
多項目患者モニタ [ダイナスコープ DS-8500システム]   (2010)

手術室、ICU、病棟などで、医師や看護師が患者の心電図、心拍数、血圧、体温などのバイタルサインを長時間にわたってモニタリングする医用電子機器。基本ユニットとオプションモジュールの組み合わせにより、様々なニーズに対応できるシステム製品となっている。ユーザビリティに優れたユーザーインターフェイスを目指し、緊急時に対応した本体部専用ハードキーを設けたほか、タッチパネル操作においては、直感的操作が可能な画面GUIデザインを構築した。またロック機構と着脱操作性、ケーブルアングルの最適方向性に配慮した新規設計コネクタにより、基本ユニットのコンパクト化が可能となった。
医療の高度化に伴い医用電子機器も複雑化し、医療現場での操作ミスを招くなど、医療従事者のストレスの大きな要因となっている。本製品ではこのようなストレスを軽減させる解決策のひとつとして画面GUIデザインの重要性に着目し、表示状態から各種の設定に至るまで、直感的で使い易い操作性の実現を目指すと共に、緊急時、すぐに操作が行なえる専用キーもハード側に用意した。
筐体デザインにおいては、プロフェッショナルであるユーザー=医師・看護師からの信頼感と、患者・家族からの安心感、その双方に呼応する存在感を与えることを目標とした。要素の構成を厳密に引き締め、モニタの基準となる佇まいを目指した。